カレンダーが置いてない...

犬好きのおばさまに、毎年年始に、犬の写真のカレンダーを贈っているのだけれど、
ちょっと油断した隙にクリスマスシーズンに入ってしまい、カレンダー売り場が激減!

どこもかしこもサンタさんやスノーマンたちで溢れ(それはそれで、とっても素敵なの
だけれど♪)、カレンダー売り場が隅に追いやられていました...

幸い何とか事なきを得ましたが、ふぅぅ、イベントの威力ってスゴイッ(>_<)

ちなみにオーストラリアのクリスマスは夏ですが、サンタさんは普通に(?)冬装備
だそうです。暑そ~っ!

時々、海パンでサーフィンをしながらビールを飲んでいるサンタさんを見かけますが、
どうやら、そちらが異端児のようでした。夏だし、それが一般的かと思ってたっ(^^;
(英会話cafeのオーストラリア人談)
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-17 23:01 | 徒然なること | Trackback | Comments(2)

ポータブル書道セット

以前から、海外の方が書道に触れる為のボランティア的活動がしてみたいなと
思いつつ、なかなか良い方法が思いつきませんでした。

でも最近、あまり大仰に考えず「もっと身軽にできるところから!」と考え始めて、
小さな書を贈ったり、名前を漢字にして書いてみたり、そんなことから始めようと
思うようになりました。気軽に英会話cafeの人に贈ってみたり。

そうすると、もっともっと身軽に、その場で、と考えるようになり、とうとう「ポータブ
ル書道セット」なるものを作っちゃいました(*^_^*)

中身はこんな感じ↓です。

 ・筆ペン3本(黒・うす墨・朱色)
 ・紙(名刺サイズ・葉書サイズ)
 ・篆刻(名前のハンコ)
 ・印泥(朱肉みたいなもの)
 ・3色ボールペン
 ・ハンカチ
 ・ティッシュ

もし書道の先生に話したら、「それは子供の遊びだー!」って言われそうだ(^^;

でも、せっかく出会った時に「また次に書いてくるね」って訳には行かないことも
多いし、例えばお名前を漢字に変換して書くなら、その場の方が良いですよね。

私自身も自分の字には全然自信はないし、実際そんな上手くもないのだけれど、
それらしく書けばそれらしく見えるかと。

贈りたい気持ちと、コミュニケーションを取りたい思い入れで勝負だ!(?)
c0144488_1103748.jpg

[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-17 21:44 | 書道・ボランティア教室 | Trackback | Comments(0)

○○魔

今更ながら気付いたことが...

私は『プレゼント魔』だっ(^^;

大したものは買えないし、ホントに気持ちだけなのだけれど、
プレゼントするのが大好き♪ 好きな人にはプレゼントしたい!

ただ、それで相手に気を遣わせちゃったら逆効果なので、一応
「押し付けがましくないかな?」と、事前に自問自答することは
するのだけれど、自分の湧き出る気持ちに敵わず、ウワ~って
贈りたくなってしまう。

うぅ~、迷惑だった人はごめんなさいっ。ここで謝ります(>_<)

と、そんなことを言いながらも、今日もお友達に贈る書を5枚も
書いてしまった... 興味のない人は引くだろうなぁ...

あと、『お誕生日魔』だっ(^^;

仲良くなって、お誕生日を教えてもらえたら、とっても嬉しいし、
そのお誕生日に「オメデトウ」を言うのが楽しい。すごく楽しい♪

今の楽しみは、カレンダーをお誕生日で埋めること。

お祝いの気持ちより、収集癖のマニアックさが勝たないよう、
自制心と戦う今日この頃です(>_<)

どちらも押し売りにならないこと、そのバランスが大切ですね。
勢い系の私なので、やり過ぎの時は突っ込んでくださいねっ!
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-16 21:28 | 徒然なること | Trackback | Comments(4)

レミーのおいしいレストラン

PIXARアニメが大好きで、その上、テーマがお料理に関するものだったので
(シェフやパティシエに関心度大なのです!)、期待特大で観ました♪

ややスロースターターな映画で、最初「あれ?」と思いながら観ていると、
終盤に向けてグッと盛り上がってきて、最後は知らない間ににっこり笑いながら
観ていました(*^_^*)

観終わってみると胸がほっこり温かくて、とっても素敵な映画だったと思います。

本物の勇気や、先入観なしに相手を認める大切さと難しさ、本当の幸せとは
何か、ということを、改めて考えさせてくれる素敵な映画でした。

映像もリアルで良かったですよ~!

でも、ネズミもリアルで...
画面いっぱい出てきた時は、さすがにちょっと(笑)

レミーのおいしいレストラン
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-16 08:10 | オススメ本・映画・舞台 | Trackback | Comments(0)

アニー・リーボヴィッツ

昨夜眠る前にハッと気付いたことがあって、今朝運命的に出会った1枚。
c0144488_11142347.jpg


私は知らなかったのですが、有名な写真なのですね。
さるる。さん、教えてくれてありがとう!

この写真が撮られた数時間後にジョンが凶弾に倒れ、追悼号となった
「ローリング・ストーン」誌1981年1月22日号の表紙を飾ったと知った
時は衝撃で、またヨーコを想って胸が痛くなりました。

ヨーコはインタビューで「ジョンが裸になってあのようなポーズをとった
のは、自分たち男にも傷つきやすい内面があることを全女性に伝える
という象徴的なメッセージだったのです。そして男性に対しては、そうい
う部分を表に出すことは別に恥ずかしいことじゃないと言おうとしていた
んです」と話したそうです。

ジョンのメッセージはこの写真からすごく伝わってくると思ったし、また、
ヨーコの母性的な大きさや温かさも強く感じました。

アニー・リーボヴィッツのドキュメンタリー映画、観に行こうと思います!

アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-15 11:26 | 徒然なること | Trackback | Comments(0)

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 【高野 登】

「クレド」の話題が出て、久々に読み返したくなりました。

クレド関連情報

この本を読んで、リッツ・カールトンのホスピタリティの高さに感動し、
自分自身も関わってみたくなったのは事実。

「いかに“感動”を提供できるかがプロの仕事」だなんて、なかなか
言えませんよね~ まずは私もサービスを受けてみたい!

ホテル業界関連の人だけでなく、どんな形にせよ人と接する機会
のある人にはオススメしたい1冊です。

基本のスキルは押さえつつも、何より気持ちを込めて相手を想う
ことが大切。「愛」ですね!

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

関連本?としてコチラ↓も読みましたが、1冊目なら高野さんの本
の方が私はオススメです(^^♪

リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-15 10:48 | オススメ本・映画・舞台 | Trackback | Comments(2)

答えは1つじゃない筈だ!

珍しく、ちょっと真面目な話。

ここ最近「我ながら心がほぐれてきたな」って思うとともに、日本の国語教育は
変だと改めて思いました。

何故そんなことを思ったかと言うと、私は中学校と高校の国語の教員免許を
持っているのですが、教育実習を経験して「国語教師は私には無理だーっ」と
感じた時の気持ちと原因を思い出したからです。

無理だと感じた原因は、現代国語(通称「現国」)の読解問題。
いわゆる「◎◎さんは、この時どのように感じたでしょうか?」的な問題です。

どうして、あの解答はいつも1つしかないのか!?

明らかに間違っている解答は×だけど、もっと自由な発想や感じ方があっても
良い筈なのに!

実際、生徒達から「なるほどー!」とか「うわ~、その考え方も素敵だなぁ!」と
思う答えが出てきて、それがマニュアルの解答と異なっていても、絶対違うと
言い切れる自信もなかったし、そもそも間違っているのかどうかも分からない
からOKを出したい気持ちになっちゃったんです。そうなると、もう五里霧中...

当時は数学も結構得意だったので(文系なのに異色な組み合わせですねっ)、
「数学教師なら解答も1つでやりやすかったのにーっ」と悩んだものです(>_<)

教育実習での様々な体験(ちょうど文化祭の時期にもかぶって楽しかった~)や、
先生方や生徒達との交流はメチャクチャ楽しくて、正直「先生になりたい!」とも
思ったけれど、あの、答えが1つしか許されない仕組みに納得がゆかず、国語
教師は諦めちゃいました。

あの時の選択は今でも後悔していないし、多少なりとも社会や人にもまれて、
素敵な出会いもあって、それで今、改めて振り返れる訳だから、私としてはOK。
その上で、今ならもう少し柔軟な対応が取れるかもって思えるようになったから、
これまたOK(^^)

だからかな、「先生も良いな♪」ってまた思い始めました。
ただ、もう少し柔らかな心のひだを大切にできるような形で関わりたいなぁ。

直近の目標は、勤務先でメンタルヘルスの啓蒙活動に力を入れること。
その関係で、原稿を書いたり、今後研修を行ったり。まずはそこから第一歩を!

ちなみにこの年齢になっても、まだまだやりたいことがたくさんあって、方向性も
決めきれなくて、上下左右を見回してキョロキョロしているのに、当時もっと若造
だった私が生徒達に人生のウンチクをたれていたのは申し訳なかったなぁ(^^;

まだまだ若造ですなぁ、私も。
ま、若造でいたいんだけど(笑)
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-14 23:56 | 研修・教育 | Trackback | Comments(2)

名曲盛りだくさんCD♪

Naoに洋楽の名曲盛りだくさんCDを作ってもらっちゃいました。

111曲も入っていて、洋楽ビギナーの私はすっごく嬉しい(*^_^*)
その上、とっても綺麗なお花のラベルまで付けてもらって感激です!

今夜はゆったり上から聴いてみたよ。

初めて聴く曲はもちろん多いけれど、懐かしい曲や、私の思い出と
繋がる曲もたくさん入っていて、「うわぁ~!」って思いました。

ちなみに今日の気分は、Vanessa Williams のこの曲↓でした♪

Save The Best For Last

Nao、Thank you so much!
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-14 22:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

ゆるめな感じ

今日は定時ダッシュでオフィスを出て、もーさんに教わった 「書遊」 へタクシーでGo!

18時でクローズしちゃうので、とにかくダッシュ! ダッシュ!
タクシーのおじさまがフレンドリーな人だったので、タクシータイムも良い感じに味って♪

初めて行った「書遊」は、ひぇぇぇぇ、これは凄いっ!
広くて品揃えも豊富! 店員さんもなかなかの通っぷり!
もーさん、教えてくれて感謝!

1人興奮気味で、なのにお店に入った途端、「蛍の光」が...(;_;)
投げ込むように必要なものを買って、また今度、休日にゆっくり来ようと誓ったのでした。

今日慌てて書道専門店へ行った訳は、週末の結婚式へのお祝いの書を書きたかった
から。良い感じの色紙も見つけたので、帰ってワクワク書いたのでした。

ついでに?、何となく頭に思い浮かんだのも書いちゃおうと思って、書いたのがコチラ↓
c0144488_1261842.jpg
c0144488_1263968.jpg


かな~りゆるめな感じ(^^;
でも、今日はそんな気分だったので、ま、いっか♪

「ゆるゆると」の方は、ずぅーっと体中に力を入れっぱなしのボスにあげようかな。
見ているだけで大変だなぁと思うので、こんな気の抜けたプチ色紙を見たら、いい感じに
力も抜けるかも?
でも見た途端、怒られたりして。その可能性はあり得るっ。まぁ、その時はその時か(^^;

「ときどきよそみ」の方は、円形状に書いてみたくて。
また黒猫ちゃんが可愛くて、ついつい。これは自分宛だなって思いました。ふふふ。
それにしても、ちょっとバランス悪いね。あと、もうちょっと流れも出したかったなぁ。

書いてて思うけれど、「おっ、我ながらイケてる!」と思う作品は、まだなかなか書けない。
でも、その中でも、すごく気持ちにフィットした時は良い感じに書けてるなって思います。

この前の「挑」と今回の「ゆるゆると」は、気持ち良く書けて、気持ち良く仕上がった感じ。
稀にそうゆうのが生まれてくると、また「書きたい!」って思っちゃうのです。

まだまだ精進。基本を極める修行の道。
それでいて、型を意識しすぎず、気持ちの流れに沿うように書きたい。

うーん、奥深くて難しい! でも、楽しい!
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-13 00:18 | 書道・ボランティア教室 | Trackback | Comments(2)

筆跡診断士さんに診てもらったよ

SNSの「GREE」で仲良くなった筆跡診断士さんが、週末に書いた数点を診て、
私の人間像を診断してくださいました!

------- ↓ -------

決して頑固じゃなく素直な姿勢なのに、一本シャンと通った芯の持ち主です。
何事でも、取り組んだ事は最後まできちんとやり遂げる誠実さ、包容力、
社会性を持っていて、これから益々順調に発展していく明るい未来が見えました。

久々に胸のすくような字を診せてもらえて、幸せな気分になりました~♪

------- ↑ -------

嬉しくなるような素敵な結果にホクホク(*^_^*)
「素直でありながら芯を通して」は、今、一番欲しい言葉でした。嬉しいな(*^。^*)
[PR]
# by kazuyo_choco | 2007-12-12 00:27 | 書道・ボランティア教室 | Trackback | Comments(0)