Peranakan Museum & Nyonya Needlework(Embroidery and Beadwork in the Peranakan World) in Singapore

「プラナカンビーズ刺繍」 を体験したことで、俄然興味の湧いて
きたプラナカン文化。

今、奇跡的に素晴らしい(歴史的な)作品が集まった特別展も行わ
れているということで、今朝勢いで、プラナカン・ミュージアムへ
一人で行ってきました~♪
(旦那さんは興味がなかったのと、お仕事があった為)

10時オープンと同時に入館すると、チケットを買ってすぐ、英語ガ
イドの淑女が声をかけてくださいました。

「英語は得意ではないのでっ」 とワタワタ答えると、「無料だし、
ゆっくり話すから大丈夫」 とググッと笑顔で押されて、その方と
マンツーマンで館内をまわりました。

結果的に、私の英語の理解力はさておき、重点を把握して説明・
紹介してくださるので、大変面白かったです(#^^#)

故リー・クアンユー氏の肖像画にも、こんなところで出会うとは。
説明していただかないと、うっかり見過ごしてしまうところでした。

特別展以外は一緒にまわって、特別展は一人で見てまわりました。

「プラナカンビーズ刺繍」 の素晴らしさはもちろんのこと(末尾
写真のような、個人的にツボにハマる面白い刺繍もありましたし)、
それ以外の調度品や文化的な展示も興味深くて、思いきって行って
良かったなぁと思いました。

比較的女性向けかな、と思いますが、歴史好きな男性にもオススメ
です! 特別展があるうちに、ぜひぜひ~♪
c0144488_15022524.jpg
c0144488_15022976.jpg
c0144488_15023270.jpg
c0144488_15023734.jpg
c0144488_15024085.jpg
c0144488_15024585.jpg
c0144488_15024728.jpg
c0144488_15025055.jpg
c0144488_15025435.jpg
c0144488_15025809.jpg
c0144488_15030207.jpg
c0144488_15030540.jpg
c0144488_15033221.jpg

[PR]
by kazuyo_choco | 2017-02-26 15:09 | 世界のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://soraandiro.exblog.jp/tb/26457052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 公共のソファではラブラブ禁止!(笑) ついに「The Coffee ... >>